現在ブログのカスタマイズ中です。表示に不具合が発生している可能性がございます。

InDesign CCでQRコードを生成してIllustrator CCに配置する方法

デザイン

どうも。ノッツです(^o^)/

名刺はIllustrator CCを使って作成していますが、名刺にQRコードを載せてほしいとクライアント様からお願いされることがよくあります。

QRコードをIllustrator CCに載せるためにどのようにしていますか?

Illustrator CCのプラグインを使ったり、Webサービスを使うなどの方法があると思います。

しかし、プラグインを探して導入するのは面倒、Webサービスも探して生成して保存してIllustrator CCに導入するのは面倒です。

これらを使わなくとも簡単に導入することができます。

Adobe製品のIllustrator CCのお仲間、InDesign CCを使えば簡単です。AdobeのCreative Cloudユーザーならば、全てのAdobe製品を使うことができるので、InDesign CCを使わない手はないです。

Illustrator CCにQRコードを載せる方法を説明していきます。また、InDesign CCを使ってQRコードを生成することで、メリットもあるのでご紹介します。

Photo by Vincent Brown

スポンサーリンク
スポンサーリンク

InDesignでQRコードの生成

InDesign CCでQRコードを生成する方法を説明していきます。

InDesign CCを起動し、新規にドキュメントをどのような大きさでもいいので作成します。

Illustrator-QRcode1

メニューの【オブジェクト】>「QRコードを生成」をクリックします。

Illustrator-QRcode3

QRコード生成の画面となり、種類としてQRコードの形式を選択できるので、適した形式を選択します。

以下の5種類から選択できます

書式なし。

Illustrator-QRcode2

Webハイパーリンク。

Illustrator-QRcode4

テキストメッセージ。

Illustrator-QRcode5

電子メール。

Illustrator-QRcode6

名刺。

Illustrator-QRcode7

今回は、WebハイパーリンクでQRコードを生成してみます。

Illustrator-QRcode9

カラータブではQRコードの色を選択できますが、Illustrator CCで色は自由に変更できるので、黒色のままでもOKです。

Illustrator-QRcode8

内容とカラーの設定ができたら「OK」をクリックして、InDesign CCのドキュメント上をクリックするとQRコードを配置できます。

Illustrator-QRcode16

配置したQRコードをIllustrator CCに導入するためにコピーします。

Illustrator-QRcode17

スポンサーリンク

InDesignで生成したQRコードをIllustratorに配置

InDesign CCで生成したQRコードをIllustrator CCに配置する方法を説明していきます。そのためにまず、Illustrator CCに配置するためにIllustrator CCを起動します。

Illustrator-QRcode20

あとは、Illustrator CCでペーストします。

Illustrator-QRcode13

QRコードが配置できました。

Illustrator-QRcode14

移動が楽になるので、グループ化しておくといいと思います。

Illustrator-QRcode15

塗の色を変えることで、色も簡単に変えることができます。

一つ一つがパスになっているので、一部だけ色を変えることも可能です。これがInDesign CCでQRコードを生成するメリットです。

Illustrator-QRcode31

さいごに

InDesign CCで生成したQRコードをIllustrator CCに配置する方法をご紹介しました。

AdobeのCreative CloudユーザーならばAdobe製品を全て使えるので、Illustrator CCにQRコードを配置する際にはInDesign CCを使ったほうがスピーディーに導入することができると思います。

この方法では、QRコードがパスになっているので、編集の自由度が増します。Web上のQRコードを生成できるサービスを使うと、画像形式がほとんどなので……

是非、QRコードを生成する際には、InDesign CCを活用してみてください!

ちなみに、InDesign CCは、体験期間を利用することで一定期間無料で使うこともできます。

InDesign CCの体験版はこちらから。

⇒ InDesign CCの体験版

InDesign CCについてはこちらから。

⇒ InDesign CC

InDesign CCを一つ利用したい場合はCreative Cloudの単体プランとなり月額2,180円かかります。

InDesign CCの他に、Photoshop CC、Illustrator CCなども使いたい場合は、Creative Cloudのコンプリートプランという月額4,980円のたくさんのソフトが使用できるプランを使うといいでしょう。

プラン違いは、Creative Cloudのプラン比較表に書かれているのでこちらを御覧ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
デザイン
この記事が気に入ったら
“いいね ”しよう!
最新情報をお届けします。
ノッツをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フリーランスのデザイナー&ブロガー。岐阜県在住。昭和ラスト世代。
情報系大学院を卒業後、東北でPC研修などのボランティア活動を2年行い、その後に起業。デザインやWEB制作、ライターなどを中心に活動しています。
全国47都道府県訪問済みの旅好き。写真も好きで一眼レフ5DMark4でよく撮ってます。
当ブログではフリーランスとして役立つことやWeb、デザイン、グッズなどのあれこれをお届けしています。

ノッツをフォローする
友だち追加数
follow us in feedly
レボピットラボ

コメント