InDesignでQRコードを生成してIllustratorに配置する方法

By: Vincent Brown

どうも。ノッツです(^o^)/

名刺はIllustratorを使って作成していますが、名刺にQRコードを載せてほしいとクライアント様からお願いされることがよくあります。

QRコードをIllustratorに載せるためにどのようにしていますか?

Illustratorのプラグインを使ったり、Webサービスを使うなどの方法があると思います。

しかし、プラグインを探して導入するのは面倒、Webサービスも探して生成して保存してIllustratorに導入するのは面倒です。

これらを使わなくとも簡単に導入することができます。

Adobe製品のIllustratorのお仲間、InDesignを使えば簡単です。AdobeのCreative Cloudユーザーならば、全てのAdobe製品を使うことができるので、InDesignを使わない手はないです。

IllustratorにQRコードを載せる方法を説明していきます。また、InDesignを使ってQRコードを生成することで、メリットもあるのでご紹介します。

Photo by Vincent Brown

スポンサーリンク

InDesignでQRコードの生成

InDesignでQRコードを生成する方法を説明していきます。

InDesignを起動し、新規にドキュメントをどのような大きさでもいいので作成します。

Illustrator-QRcode1

メニューの【オブジェクト】>「QRコードを生成」をクリックします。

Illustrator-QRcode3

QRコード生成の画面となり、種類としてQRコードの形式を選択できるので、適した形式を選択します。

以下の5種類から選択できます

書式なし。

Illustrator-QRcode2

Webハイパーリンク。

Illustrator-QRcode4

テキストメッセージ。

Illustrator-QRcode5

電子メール。

Illustrator-QRcode6

名刺。

Illustrator-QRcode7

今回は、WebハイパーリンクでQRコードを生成してみます。

Illustrator-QRcode9

カラータブではQRコードの色を選択できますが、Illustratorで色は自由に変更できるので、黒色のままでもOKです。

Illustrator-QRcode8

内容とカラーの設定ができたら「OK」をクリックして、InDesignのドキュメント上をクリックするとQRコードを配置できます。

Illustrator-QRcode16

配置したQRコードをIllustratorに導入するためにコピーします。

Illustrator-QRcode17

スポンサーリンク

InDesignで生成したQRコードをIllustratorに配置

InDesignで生成したQRコードをIllustratorに配置する方法を説明していきます。

そのためにまず、Illustratorに配置するためにIllustratorを起動します。

Illustrator-QRcode20

あとは、Illustratorでペーストします。

Illustrator-QRcode13

QRコードが配置できました。

Illustrator-QRcode14

移動が楽になるので、グループ化しておくといいと思います。

Illustrator-QRcode15

塗の色を変えることで、色も簡単に変えることができます。

一つ一つがパスになっているので、一部だけ色を変えることも可能です。これがInDesignでQRコードを生成するメリットです。

Illustrator-QRcode31

さいごに

InDesignで生成したQRコードをIllustratorに配置する方法をご紹介しました。

AdobeのCreative CloudユーザーならばAdobe製品を全て使えるので、IllustratorにQRコードを配置する際にはInDesignを使ったほうがスピーディーに導入することができると思います。

この方法では、QRコードがパスになっているので、編集の自由度が増します。

Web上のQRコードを生成できるサービスを使うと、画像形式がほとんどなので……

是非、QRコードを生成する際には、InDesignを活用してみてくださいね!

スポンサーリンク
友だち追加数
follow us in feedly
この記事をお届けした
「レボピットラボ」の最新ニュースを
“いいね してチェック!