現在ブログのカスタマイズ中です。表示に不具合が発生している可能性がございます。

Adobe Stock(アドビストック)を1ヶ月無料期間を利用して使ってみた!デザインがはかどるぞ!!

デザイン

こんにちは。ノッツです(^o^)/

WEBデザインやグラフィックデザインをする際に、ストックフォトサービスと呼ばれる写真やイラストなどがある素材サイトを利用することがありますが、無料のストックフォトサイトでは良い素材がなく、有料のストックフォトサイトで素材を購入することがあります。

有料のストックフォトサイトとしてPIXTAを主に使っていましたが(PIXTAはPIXTAにしか扱っていない独自の写真があるので今でも使っています)、「Adobe Stock(アドビストック)」というAdobeが運営しているサービスが最初の1ヶ月間無料で使えるということで、試しに使ってみることにしました。

Photoshop CCやIllustrator CCなどのAdobe製品を使っている場合は、Adobe Stockを使うことで簡単に素材を購入、配置、管理することができます!

Adobe Stockの登録方法から、簡単な使い方をご紹介していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Adobe Stockとは

Adobe Stockとは、アドビ監修による4,500万点の高品質な写真、イラスト、ベクトル、動画、3D、テンプレートなど素材から選んで購入できるストックフォトサービスです。[追記:2018年5月26日現在で1億点を超える素材があります。]

Adobe StockはAdobeのサービスなので、Photoshop CCやIllustrator CC、InDesign CCなどのAdobe製品との相性が良く、素材の購入から配置、管理までをソフト内で効率良くすることができます。

Adobe Stockのプランには、以下の主に3つのプランがあります。詳しくはAdobe Stockのプランでご確認ください。

年間プラン(月々払い)↓

通常アセット10点/月 通常アセット40点/月 通常アセット350点/月 通常アセット750点/月
購入数 10点/月 40点/月 350点/月 750点/月
料金 3,480円/月 9,480円/月 21,980円/月 24,980円/月
詳細 ・初月無料、2ヶ月目以降3,480円/月

・初月内は解約料なし

・348円で追加購入可能

・未使用ライセンスは最大120点まで繰り越し可能

・初月無料、2ヶ月目以降9,480円/月

・初月内は解約料なし

・237円で追加購入可能

・未使用ライセンスは最大480点まで繰り越し可能

・180円で追加購入可能 ・180円で追加購入可能

Adobeのクリエイティブソフトが使い放題となるCreative CloudのコンプリートプランとAdobe Stockがセットになったプランもあり、8,460円/月で利用できます(素材10点/月)。

月プラン↓

通常アセット3点/月 通常アセット40点/月 通常アセット350点/月 通常アセット750点/月
購入数 10点/月 40点/月 350点/月 750点/月
料金 3,480円/月 11,880円/月 24,980円/月 29,980円/月
詳細 ・解約料なし

・年間契約の縛りなし

・1,180円で追加購入可能

・未使用ライセンスは最大36点まで繰り越し可能

・解約料なし

・年間契約の縛りなし

・297円で追加購入可能

・未使用ライセンスは最大480点まで繰り越し可能

・解約料なし

・年間契約の縛りなし

・180円で追加購入可能

・解約料なし

・年間契約の縛りなし

・180円で追加購入可能

スポンサーリンク

Adobe Stockの登録方法

Adobe Stockへの登録方法を説明していきます。Adobeのアカウントが必要ですので、事前にAdobeのトップページよりアカウントの登録を済ませてください。

Adobe Stockにアクセスし、“今なら画像10点を無料で利用できる”ということで「今すぐ開始」をクリックします(ログインをしていない場合はログイン画面が出ますので、ログインしてください)。

adobe-stock1

私は10月29日に登録しているので「10/30まで」と表示されていますが、先ほど確認したら「11/30まで」に変わっていました 笑

adobe-stock1-1

問題がなければ「今すぐ開始」をクリックします。

adobe-stock2

クループ版ではAdobe Stockにログインするだけで画像10点分が使えますが、個人版では「Creative CloudとAdobe Stockのセットプラン」に変更されて、最初の1ヶ月が無料という形で利用することができます。途中でキャンセルしないと、1ヶ月後にそのプランが継続されて、料金が高くなってしまうので注意が必要です。

以下の詳細をしっかりと確認し、問題がなければ「続行」をクリックします。

adobe-stock3

これでAdobe Stockを使うことができますので、「画像を検索」をクリックします。

adobe-stock4

Adobe Stockトップページの上部を確認してみると、画像10点分追加されたことが分かります。

adobe-stock5

Adobe Stockの使い方

Adobe Stockの使い方を説明していきます。

検索

Adobe Stockアクセスして、検索バーに探したい素材のキーワードを入力して「検索」をクリックします。

adobe-stock6

Creative Cloudのデスクトップアプリケーションをインストールしていれば、そちらを利用しても検索できます。

adobe-stock21

Photoshop CCやIllustrator CCなどを使っているとき、ライブラリパネルにあるAdobe Stockボタンを押すことで、ブラウザが開きAdobe Stockのサイトに飛んで検索することもできます。[追記(2018.05.26):ライブラリパネル内で素材の検索ができるようになっています。]

adobe-stock22

今回は「背景」と検索してみました。

adobe-stock8

表示する順番を「新しい順」、「人気の高い順」などと変更できます。

また、人物の有無やカラーの指定をして検索することもできます。

adobe-stock10adobe-stock11

画像をクリックすることで、画像の詳細を見ることができます。

そして、「このシリーズのその他の画像」や「似た画像」で、その画像に関連した画像を簡単に見ることができます。

adobe-stock13

「このシリーズのその他の画像」で「もっと見る」をクリックすると、以下のように同じシリーズの画像が表示されます。

adobe-stock19

「似た画像」で「もっと見る」をクリックすると、以下のように似た画像が表示されます。

adobe-stock17

以下の虫眼鏡の画像をクリックしても、同様に似た画像を見ることができます。

adobe-stock20

次に以下の画像で、似た画像を見てみます。

adobe-stock15

かなり似たような画像が表示されるので、精度がとても高い印象です。

adobe-stock18

下矢印のアイコンをクリックすると、購入する前にプレビュー版の透かしありの素材として使え、仮のデザイン作成等の使い方ができます。また、新規ライブラリも作成することができ、素材をフォルダごとに管理することも可能です。

左の買い物かごのアイコンをクリックすると、正式版として購入したことになりますので、プレビュー版で素材を確かめて購入したほうがいいと思います。

adobe-stock14

プレビュー版の配置

プレビューを保存してからPhotoshop CCで確認してみると、ライブラリパネルに自動的に追加されています。ライブラリを指定して保存した場合は、該当のライブラリをタブバーから選択する必要があります。

adobe-stock23

該当の写真をドラッグ&ドロップすれば、写真をレイヤー上に配置でき確認することができます。プレビュー版では、Adobe Stockの透かしが入っていますが、透かしは正式版を購入することで消すことができます。

adobe-stock24

正式版の購入

Photoshop CCやIllustrator CC上から正式版を購入することができ、該当の画像を右クリックして「画像のライセンスを取得」をクリックすることで、正式版の購入が完了します。Web上からでもライセンスの取得は可能です。

adobe-stock25

ライセンスを取得することで、Adobe Stockという透かしは自動的に消えて正式な画像に置き換わります。

プレビュー版の素材をデザインとして配置している場合は、その素材が自動的に透かしなしの正式版に変わるので、再びいちいち配置し直さずに済むので便利です。

Adobe Stockで気になること

Adobe Stockを使っていて、二つ気になるところがありました。

一つ目に、プレビュー版のAi形式では一つの画像となっているので、デザインする際に面倒なことです。パスなども編集できず、デザインする際に非常に不便です。確認の使い方しかできません。プレビュー版でも、パスは編集できなくても良いので、簡単に分割できればいいのになって思います。

二つ目に、プレビュー版のAi形式で上手く認識されず、なぜか文字が表示されてしまうことがあることです。

Photoshop CCで開いていますが、Illustrator CCで開いても同様でした。

adobe-stock27

さいごに

AdobeのストックフォトサービスであるAdobe Stockについてご紹介しました。

Adobe Stock以外のストックフォトサイトでは、プレビュー版のダウンロード、保存、配置、そして、正式版を購入してからプレビュー版の素材を正式版に差し替えるという作業が必要でした。

しかし、Adobe Stockでは、Photoshop CCやIllustrator CC上でプレビュー版のダウンロードから正式版の差し替えまでが簡単にできます。

このおかげで、デザインに集中することができ、デザインの作業が捗りそうです。

1ヶ月は10点分無料で使うことができますが、Adobe Stockが良さそうならその後も使っていこうと思います。

Adobe Stockの体験版はこちら。

⇒ Adobe Stockの体験版

Adobe Stockについてはこちらから。

⇒ Adobe Stock

Adobeのホームページに活用事例などのAdobe Stockの詳細が書かれていますので、よろしければ見てくださいね。

追記(2017.09.09):Adobe Stockの魅力や使い方スゴさが動画で分かるように、まとめ記事を書きました。

これだけ見ればOK!Adobe Stock(アドビストック)の魅力や使い方スゴさが分かる動画まとめ
どうも。ノッツです(^o^)/ 皆さん、『Adobe Stock』は使っていますか? Adobe Stock(アドビストック)は、Adobeが運営している有料のストックフォトサービスです。商用利用OKな素材が1億点以上あると言わ...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
デザイン
この記事が気に入ったら
“いいね ”しよう!
最新情報をお届けします。
ノッツをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フリーランスのデザイナー&ブロガー。岐阜県在住。昭和ラスト世代。
情報系大学院を卒業後、東北でPC研修などのボランティア活動を2年行い、その後に起業。デザインやWEB制作、ライターなどを中心に活動しています。
全国47都道府県訪問済みの旅好き。写真も好きで一眼レフ5DMark4でよく撮ってます。
当ブログではフリーランスとして役立つことやWeb、デザイン、グッズなどのあれこれをお届けしています。

ノッツをフォローする
友だち追加数
follow us in feedly
レボピットラボ

コメント

  1. 山崎裕二 より:

    1カ月無料ですが、過ぎたらお金が掛かるのですが、忘れてしまいそうです。
    連絡は、来るのでしょうか?

  2. ノッツ より:

    >山崎裕二さん
    コメントありがとうございます。
    私は1年前にAdobeStockに申し込みましたが、そのときには連絡がきませんでした。

    それから1年が経過しているので、今は連絡が来るかは分かりかねます。
    恐らくですが、今も連絡が来ない可能性が高いと思いますので、無料期間でお試しで使う場合は1ヶ月を気にしながら使ってください。

    ちなみに、キャンセルする場合は、Adobeのサポートにチャットなどで問い合わせる必要があります。